イメージ

HOME国際交流国際理解教育推進事業

センターの事業

国際理解教育推進事業

国際理解教育推進事業

国際交流宅配便~あなたに国際交流を届けます~

イラスト 福岡には世界のさまざまな文化・民族の人たちが暮らしています。また、世界には、環境や貧困、紛争など深刻な問題を抱える地域があり、そのことは私たちの社会のあり方やライフスタイルとも密接に関係しています。当センターは、県内の学校や公民館などに外国人講師や海外での生活体験のある日本人講師を派遣し、世界のことを知り、考えるきっかけとなる国際理解教育推進事業を行っています。

写真
姫島小学校・志摩中学校姫島分校での授業の様子
主催 (公財)福岡県国際交流センター
共催 福岡県こども育成基金/(財)福岡県教育文化奨学財団/(公財)北九州国際交流協会/(公財)福岡国際交流協会
後援 福岡県教育委員会/北九州市教育委員会/福岡市教育委員会

授業を行った講師へのインタビュー

講師写真
講師 ニゲモトさん(中国 内モンゴル)
学校名 福津市立 上西郷小学校
授業のねらい 内モンゴルのゲルを作ったり、文化を紹介する。
感想 モンゴルでは家族でゲルを作り、ゲルに住みますが、「1人暮らしの人はどうしたらいいんですか?」など子どもの質問が面白かった。
講師写真
講師 キム ミンキョンさん(韓国)
学校名 福岡県立 嘉穂特別支援学校
授業のねらい 韓国と日本、異文化への興味・関心を広げる。
感想 日本の特別支援学校に行き、先生方の生徒1人1人の個性を伸ばす丁寧な接し方が印象に残りました。
 
講師写真
講師 カミール スパイチャルスキさん
(オーストラリア)
学校名 糸島市立
姫島小学校・志摩中学校姫島分校
授業のねらい 外国の文化や衣食住・教育について知り、日本以外の国や文化に親しむ。
感想 日本の子どもと触れ合う貴重な機会で、母国を紹介するだけでなく、一緒に交流することで私も日本の勉強になりました!!

授業に行き、自国の文化を子どもたちや大勢の方に伝えていただける講師を募集しています。詳しくは、下記事務局まで問い合わせください。

講師登録申請書(外国人)[PDF]

講師登録申請書(日本人)[PDF]

授業を行った学校の様子

講師写真
講師 イライザ ハンさん
(ニュージーランド)
学校名 福岡市立 能古小学校
授業のねらい 夢・世界を広げよう
イライザさんは台湾で生まれ、多文化共生のニュージーランドへ移住。日本で仕事をするまでの経験を楽しく紹介。子どもたちは講師の経験にビックリ!
写真
写真
10年後になりたい顔を想像して描いてみました。
生徒さんからのメッセージ
私もいろいろな国に行って、いろいろな言葉を知り、ニュージーランドにも是非行ってみたいです。
南半球と北半球の人は、地図の見方が違う。やっぱり同じ地球に住んでいても、国によって、いろいろ違うんですね。
言葉が分からなくても一緒に遊べるなんて、やっぱり人の心は通じているんですね。
先生からのメッセージ

少人数学級という条件の中、どうしても人間関係が固定化してしまい、身近な人々が進んだ道を選ぶ傾向にあります。授業で子どもたちは「夢」を語り、講師は、島の狭い人間関係の中で生活している子どもたちに広い世界を見せてくれたり、とてもよい経験になりました。

問い合わせ先

外国人講師や海外での生活体験のある日本人講師を招いて、国際理解の授業を実施してみたいという方は、下記事務局までお問い合わせください。

福岡国際理解教育講師派遣事業協議会 事務局

住所 〒810-0001 福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡3階
(公財)福岡県国際交流センター こくさいひろば内
TEL 092-725-9200
FAX 092-725-9206
問い合わせ 問い合わせフォームへ