イメージ

HOME国連ハビタット

県内の国際交流に関する情報

国連ハビタット(出典:福岡県の国際化の現状 2014年5月)

国際連合人間居住計画(ハビタット)福岡本部(アジア太平洋担当)

英語名称 UN-HABITAT Fukuoka Office
(United Nations Human Settlements Programme Regional Office for Asia and the Pacific) 
代表者 本部長代行 クリス・ラドフォード
所在地 〒810‐0001 福岡市中央区天神1‐1‐1 アクロス福岡 西オフィス8階
TEL 092-724-7121
FAX 092-724-7124
ホームページ http://www.fukuoka.unhabitat.org
E-Mail habitat.fukuoka@unhabitat.org
活動内容 急速な都市化、紛争、災害などを原因としたスラムの拡大、村落の崩壊、家や土地の不足、電気・上下水道の未整備、不衛生による病気の発生、行政・法制度未整備による土地所有権の混乱など「人間居住」問題を対象とし、1.住民、自治体、または政府による住宅供給、道路・上下水道・廃棄物処理などの都市生活基盤、学校・病院などの整備・復興、環境改善、防災、コミュニティのルールづくり、職業訓練などの活動に対する支援・指導事業、2.各国における「人間居住」環境の現状についての調査、会議、広報活動、及び3.「アジア都市連携センター構想(K-CAP)」の推進等を通じた情報の共有・発信、政策提言等を実施。
対象地域 イランから太平洋諸国にわたる28カ国
組織 本部:ナイロビ    地域事務所:福岡及びリオ・デ・ジャネイロ
実施事業数 12カ国地域 73プロジェクト 事業予算3.35億ドル (2011年12月現在)

事務所所在地

地図